月・惑星



月、水星金星火星木星、土星、天王星、海王星


太陽系の惑星はわれわれの地球の兄弟の星達です。中学の頃によく呼んでいたハヤカワSFシリーズには火星やその他の惑星を舞台とした様々な物語のイメージがあったような気がします。最近では、火星に生物の存在とNASAから発表されたり、木星の衛星に酸素の存在が報告されたりと、いろいろ夢をかき立てられるようなニュースも飛び込んできています。最近では冥王星が惑星の定義から外れたことも大きなニュースとなっています。

惑星についての情報でインターネット上で最もよくまとまっているのがBill Arnett氏のNine planetsではないかと思います。 Bill Arnett氏のNine planetに関しては日本語化されており、グラフィックを含めた完全版が載せられていますので参考にして下さい。WikiでもNine planetの日本語プロジェクトがあります。私のページでも惑星に関するページを構築したいと考えています。Nine planetは大変充実していますし、科学的な事実はほぼ同じなので、どこまで違いがでるか問題ですが、少し覗いて頂ければ幸いです。惑星を知るということは地球の過去や未来を知る上でとっても重要ではないかと思います。現在、地球上で問題になっているオゾンホールや温暖化の問題も惑星レベルで考えると結構大変な事実であることをお気づきになるかもしれません。もっと地球の将来を考える上でも、惑星科学を一般的な教育として認識したいものだと考えています。

名称太陽からの距離公転周期自転周期密度直径
惑星はAU日あるいは年g/cm3km
水星0.38787.9758.655.444876
金星0.723224.7243.0(逆行)5.2512104
地球1.000365.261.005.5212756
火星1.524686.981.033.936794
木星5.20311.86年0.411.3142766
土星9.5429.46年0.430.69120000
天王星19.1884.01年0.721.2851120
海王星30.07164.79年0.731.6449520
(冥王星)39.44247.7年6.42.062284


惑星情報に関するリンク


cosmic toaster