自動車の歴史 Part3-8
自動車の歴史トップ

自動車の歴史 Part1

自動車の発展期Part2
1885-1918:ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

イギリス
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証


自動車の歴史 Part3

1)戦争期が与えた影響
・技術

2)デザインの変化

イギリスの国産車
3)
モリス・コーレー
・オースチン・セブン

4)モーリス・ミノーの誕生
・新自動車生産手法

5)20-30年代の社会-1
自動車と安全性
・道路と安全性
・標識
6)20-30年代の社会-2
・町、
道路輸送 
・雇用  
産業

7)20-30年代の社会-3
・農業
娯楽
・犯罪

8)大恐慌
・自動車の発展の持続
・フォルクスワーゲンの誕生
9)第2次世界大戦



自動車の歴史 Part4

自動車の拡大期: 1918-1945
大恐慌時代の英国

【自動車の発展の持続】
1930年は世界的な金融および通商のスランプが始まった年であった。た。産業は傾き、会社は倒産に追い込まれ、何百万という労働者が失業に追い込まれた。この30年代のハードな時代は後に世界大恐慌と呼ばれ知られるようになった。ほとんど全ての産業が斜陽化していたこの時期に、以外ではあるが自動車産業は成長を続けていた。
 これには幾つかの理由があるが、この時期英国ではすさまじい失業の嵐の中、1922年から1939年までの間は生活のレベルや仕事の実質賃金は上昇しており、また自動車の顧客に困ることはなかったからである。1931年に英国政府が英国の通貨の金換金を実施しないことを決定すると、ポンドは外国通貨に対して大変弱くなった。このため、英国の輸出品は相対的に安くなった。これは自動車製造業者によって大きなアドバンテージとなった。英国には多くの植民地があり、こうした地域に対して市場が開けていた。また外国からの輸入車に対する33%という課税も彼らを助ける要因となった。
逆に不安要因である石油供給に対しては、1930年代に枯渇することはなく、南北アメリカ大陸、北アフリカ、中東、旧ソビエトの世界中に渡って次々と油田の発掘地域が拡大され、自動車に必要とされた燃料の生産も拡大し続けた。世界貿易が再び上昇し始めたとき、沈滞し続けたのは古い産業の方であり、自動車産業のようなより新たな産業が反映した。
大恐慌時代における自動車産業の隆盛のさらなる理由は、自動車会社が内燃機関エンジンの原理を活かして、航空機や航空エンジンを作る工場を設立したことにもある。この時代、英国では空軍が急速に拡大し、航空機の手当に躍起になっていた。1930年代が過ぎると、ヨーロッパや米国の自動車産業はすでに再度世界を巻き込みそうな戦争の暗雲に影響を受けたようで、一般車の製造の一方、軍用車の生産も増大させていった。
大量生産という面で、小さな自動車会社が巨大企業と競争することは不可能といってもよく、1939年になると世界中の多くの自動車会社が急激に落ち込んでいった。英国では20社が生き残った。幾つかは跡形もなくなくなり、その他はベントレーのような極めて有名な会社を含め、大きな企業に吸収合併されていった。ロールスロイス・ファントムやベントレーのような大きくて、贅沢な自動車も30年代を通じて得意顧客を持っていたが、それは小さなマーケットであり、全体的にはより安価な車が市場を支配していた。スポーツカーもまた次第に一般的な商品として見られるようになった。1925年にアビングトンで作られた小さなMGは20年代から30年代にかけての走り屋の若者のシンボルとなった。

【フォルクスワーゲン社の誕生】
この困難な時代にあって、政府の援助のもとドイツで新しい事業が生まれた。ファーディナンド・ポルシェはドイツの自動車業界で小型車の製作を夢見て設計事務所を開設し、自動車設計で生計をたてていた。彼の会社は、ホルヒ、アウディ、DKWと合併し、「自動車連合企業アウトウニオン」を結成することになり、彼はここの主任設計者になった。一方、アドルフ・ヒトラーが1933年にドイツの指導者となると、ポルシェは時の運輸大臣に自身の国民車構想を記した覚書を提出したりした結果、ヒトラーはポルシェの大衆車「フォルクスワーゲン」を作るというアイデアに共感し、ナチ党のKraft durch Freude(歓喜を通した活力)という名前の政府の労働者リクリエーション機関の活動の一部として資金援助を行った。この結果、幾つかのプロトタイプが作られた。まずVW3、その後、VW30、これは、延べ240万kmにも及ぶ大規模なテスト走行が行われ、後に有名なKdF車(歓喜を通した活力の頭文字を取った略称)が誕生することになった。
この車は、ナチス労働戦線(DAF)の組合員となり、990マルクの分割払い方式で支払いが完了した時に入手できる仕組みとなっていたが、プロモーションが行われた翌年の1939年に、第二次世界大戦が勃発した結果、KdFは軍用車へと姿を変えざるを得なくなってしまった。

1936年シボレー・ロードスター
プジョーの軍用車(1930年代)
MG Midget(1929)
ファーディナンド・ポルシェ
1938年 KdFワーゲン
トヨタ博物館探訪