自動車の歴史 Part3-7
自動車の歴史トップ

自動車の歴史 Part1

自動車の発展期Part2
1885-1918:ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

イギリス
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証


自動車の歴史 Part3

1)戦争期が与えた影響
・技術

2)デザインの変化

イギリスの国産車
3)
モリス・コーレー
・オースチン・セブン

4)モーリス・ミノーの誕生
・新自動車生産手法

5)20-30年代の社会-1
自動車と安全性
・道路と安全性
・標識
6)20-30年代の社会-2
・町、
道路輸送 
・雇用  
産業

7)20-30年代の社会-3
・農業
娯楽
・犯罪

8)大恐慌
・自動車の発展の持続
・フォルクスワーゲンの誕生
9)第2次世界大戦



自動車の歴史 Part4

自動車の拡大期: 1918-1945
1920〜30年代の車社会ー3(英国)

【農業】
自動車時代の到来によって田舎の村の孤立状態は終わりを告げ、農業にも新時代が到来することとなった。トラックとトラクターは徐々に馬や古い農具に変わるようになった。30年代の後半には農業従事者は馬の餌やりよりも、エンジンについての知識の方が求められるようになっていた。農業のやり方も劇的に変化した。収穫時期に村中総出で手伝いをするということはもはやなくなった。農業の機械化は農業従事者の必要性を減らし、労働者は工業地域へと移っていった。この傾向はその後50年に渡って続くことになった。

【娯楽】
1920年代から30年代にかけて、分割払い方式の購入がブームとなり、モーリス・コーレーやオースチン・セブンなどの手頃な価格の車の出現と共に、労働者クラスに自動車所有者を増やしていった。1939年には英国では25人に1人が車を所有するまでになった。旅行は離れた地域のシーサイドや地方の田舎に友人を作るきっかけを与えた。1937年にオープンしたSkegnessのビリー・ブットリンの祭日のキャンプには、ドライブしてくることのできる多くの家族をそこに惹きつけた。自動車やバスは楽しむことのできる場所に出かけることを容易にし、この時代にスィミングプールやダンスホール、映画館など多くの娯楽施設が多くオープンした。家の設計に際しても、車を駐車するスペースを考慮する必要が出てきた。
自動車レース、ラリー、ヒルクライモングといった競技が、20年代に自動車が一般化した世界を中心に人気を得るようになった。英国のブルックランド(Brrokland)レース場ではギャンブルを目的とした自動車レースまでが開催された。1925年になると英国本国では安全を理由に一般公道での自動車レースが禁止されるようになり、それ以後の何年かに渡って多くの自動車サーキットが作られるようになった。1907年にサリー州に建設されたブルックランドがもっともよく知られている。最初のバンクのあるサーキットで、高速のコーナーリングを可能にした。
スピードに対する憧れはレースだけでは物足りず、地上での速度記録に挑戦するために、強大な車が作られたりもした。1927年にフロリダのデイトナで、ヘンリー・セグライブ卿は、このゴールデンアロー号で時速368kmの世界記録を打ち立てた。マルコム・キャンベル卿は30年代の初頭に5度に渡って世界記録を更新し、1935年には時速482kmを記録している。そして、1939年のジョン・コッブの記録は時速592kmにまで達している。

【犯罪】
自動車も他の機械や発明と同様に良い目的に使われるばかりでなく、犯罪などの悪い目的にも利用されるようになった。特に、アメリカでは速く逃走するための手段として犯罪に自動車が用いられた。シカゴでは自動車越しに抗争を続けるマフィア同士が拳銃やマシンガンで撃ち合うことで悪名高くなったりした。マシンガン・ケリーやアルカポネなどのギャングのボス達は防弾装備をした車を自分達のために作らせたりした。こうしたアイデアは、そのうち世界中の王様や支配者達に真似されることになった。
1930年代:機械化農業の始まり
1930年代のルノーのトラクター
1930年代のル・マンのレース
マルコム・キャンベルのブルーバード号
マルコム卿の速度記録
25.9.1924 (ペンディン) 146.16 mph
21.7.1925 (ペンディン) 150.77mph
4.2.1927 (ペンディン) 174.88mph,
12.2.1928 (デイトナ) 206.95mph,
5.2.1931 (デイトナ) 246.09mph,
24.2.1932 (デイトナ) 253.96mph,
22.2.1933 (デイトナ) 272.46mph,
7.3.1935 (デイトナ) 276.71mph,
3.9.1935 (Bonneville Salt Flats, ユタ) 301.12mph.
トヨタ博物館探訪