自動車の歴史 Part3-6
自動車の歴史トップ

自動車の歴史 Part1

自動車の発展期Part2
1885-1918:ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

イギリス
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証


自動車の歴史 Part3

1)戦争期が与えた影響
・技術

2)デザインの変化

イギリスの国産車
3)
モリス・コーレー
・オースチン・セブン

4)モーリス・ミノーの誕生
・新自動車生産手法

5)20-30年代の社会-1
自動車と安全性
・道路と安全性
・標識
6)20-30年代の社会-2
・町、
道路輸送 
・雇用  
産業

7)20-30年代の社会-3
・農業
娯楽
・犯罪

8)大恐慌
・自動車の発展の持続
・フォルクスワーゲンの誕生
9)第2次世界大戦



自動車の歴史 Part4

自動車の拡大期: 1918-1945
1920〜30年代の英国の車社会ー2

【町】
1920年代には公共交通機関が飛躍的な成長を遂げ、そして町もまた成長した。町はもはやコンパクトとは言えず、郊外へと大きく領域を拡大し、町の外側に向かう道路に沿って家々が立ち並び、帯状に発展していった。大きな都市近郊の小さな町はベッドタウン化し、もちろんそうしたベッドタウンの新しい家はガレージ付きであった。町をつなぐ道路沿いには町と町の切れ目が判らなくなるまでビルが建ち並ぶようになった。英国のこのような新しい都市化現象は無計画に、コントロールされることなく広がったために醜いものとなった。そうして地方の田舎の風景は次第に消えてゆくことになった。
整備された田舎のバスサービスは村人を簡単に町にいけるようにした。村や町にある小さな店は日常の生活必需品を売うことでかろうじて存続していたが、多く人達は次第にタウンセンターの大きな店舗に行くようになっていった。そのため、こうした町にもウールワースやマークスアンドスペンサー、ブーツ・ザ・ケミストのようなチェーン店が見られるようになった。自動車は古い馬車やレールの上を走る電車よりももっと突然に、そして予測不可能な早さで、町に浸透し、生活や社会を変えていった。

【道路輸送:乗客と貨物】
 1930年代になると、数え切れないくらいの多くのバス会社が設立され、中には1,2台のバスしか持たない小さな会社も数多くあった。このような小規模な会社の多くは同じルートを他の会社と競合しており、乗客を確保するために躍起になっていた。1930年代に、自動車交通法が英国内を13の交通エリアに分け、そのエリア内で安定して時間道りに運行できるバス会社だけに運行許可書を発行することによって、こうした小さなバス会社は大幅に減らされた
この時代、鉄道運賃は法律で定められており一定で高かったのに対して、バス会社の運賃はそれぞれの会社で決めることができた。その結果、1920年〜30代にかけて鉄道の利用客の約半分がこうしたバス会社に奪われることとなった。工場から店舗への商品や貨物の直送を可能とすることにより、トラック輸送は取引の形態を変えたり、中間業者を排除したりといった形で経済に重要な役割を果たすことになった。

【雇用】
 自動車の運転をするしないに拘わらず、大量輸送手段は社会を完全に変えることになった。自動車工場、自動車の販売店、部品やアクセサリーショッブ、部品工場、ガレージ、ガソリンスタンド、道路建設、宣伝広告業のような分野で雇用が生まれた。バス、トラック、貨物自動車、タクシー業界では運転手を必要とし、ここにも新たに大きな雇用が生み出された。裕福な家族や、ビジネスマンはしばしばお抱え運転手を雇った。この時代にはお抱え運転手という職業は、スマートな制服姿で贅沢な格好のいい車を運転でき、おまけに住むところもついていたりして、安定した安心できる職業であったため、あこがれの的であった。

【産業】
 道路は産業のロケーションという要因に関して鉄道をしのぎ始めるようになった。すなわち鉄道の駅や路線に影響されないで工場の場所を選ぶことができるようになり、この結果産業はより広い地域へと拡散するようになった。大量生産技術は自動車工場から他産業へと広がり、より多くの品物を大量に製造することができるようになった。
多くの異なる部品を組立ててひとつの商品とする所謂アセンブリー産業である自動車産業は、金属産業や電子部品、機械工具、ガラス、ゴム、塗料、石油精製産業などの多くの関連産業の発展に刺激を与えることになり、こうした産業分野ではかなりの収益を生んだ。

1920年代のバス
1930年代:ロンドンの2階建てバス
1930年代:'Char-a-banc'
第1次世界大戦以降、工場で働く人達を初めとする多くの人達が海岸や郊外への小旅行に集団で出かけるようになった。こうした目的を満たす車として長いシャーシと車体のうえにベンチシートを何れるも並べた車が現れた。この車はフランス語のベンチの車という意味からCharabancsと呼ばれた。大抵こうした旅行は夏に行われたので、車には屋根がない物が多かったが、後年になるとフードやサイドスクリーンが取り付けられるようになった。
トヨタ博物館探訪
1930年代のロンドンの風景