自動車の歴史 Part3-5
自動車の歴史トップ

自動車の歴史 Part1

自動車の発展期Part2
1885-1918:ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

イギリス
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証


自動車の歴史 Part3

1)戦争期が与えた影響
・技術

2)デザインの変化

イギリスの国産車
3)
モリス・コーレー
・オースチン・セブン

4)モーリス・ミノーの誕生
・新自動車生産手法

5)20-30年代の社会-1
自動車と安全性
・道路と安全性
・標識
6)20-30年代の社会-2
・町、
道路輸送 
・雇用  
産業

7)20-30年代の社会-3
・農業
娯楽
・犯罪

8)大恐慌
・自動車の発展の持続
・フォルクスワーゲンの誕生
9)第2次世界大戦



自動車の歴史 Part4

自動車の拡大期: 1918-1945
1920〜30年代の車社会(英国)
【自走車と安全性】
1920年代はまさに大量輸送時代への夜明けであった。自動車産業は
この頃開花した全産業分野のなかでも、おそらく最も成功した部類に入る。また、この後つづく多くの社会変化においても、その多くが自動車の発展によるものと言っても過言でないだろう。

【道路とその安全性】
1920年代になると世界の先進国の道路は自動車、バス、バイク、バン、タクシー、電車、トロリーバスといった色々な乗り物でで混み合うようになってきた。1914年にはロンドンだけにしかなかったガソリン車のバスはその後10年の間に世界中の都市や郊外の町にまで広まった。1920年以前には長距離を結ぶ道路はなく、長距離輸送分野は鉄道が支配していた。一方、一般道路も速くて重い自動車の走行に適したものではなく、馬や馬車の走行を想定したものであった。道路技術者は20年代の初期に徐々に道路の改良を始め、アスファルトが道路の舗装材として使われるようになった。1923年にアメリカで最初の高速道路が建設された。これらは2車線の広い幅員の道路で急なカーブもなく、交差点も少なくされていた。同様に、イタリアでは「アウトストラーデ」、ドイツでは「アウトバーン」が
作られた。
1920年に、英国の道路局が交通省に変わると、道路はその幅や重要性によってA〜Cまでにランク分けされ、もっとも活発で重要な道路が交通省の管轄となり、その他は地方自治体が管轄することになった。このような改革がされたににも拘わらず、、英国の道路網の整備は比較的ゆっくりしていた。1930年にはアメリカでは既に250,000マイル以上の自動車用に舗装された道路が建設されていたのに対し、英国はたったの226マイルであった。
快適で質の高い道路が建設されたかといって、都市化が進んだ国々で自動車の事故が目立って減るということはなかった。最初の重大な自動車事故は1899年に英国で起きたと報告されている。1914年にはロンドンでは1日に平均1人が交通事故で亡くなっており、多くは運転の未熟なバスに巻き込まれての事故だった。1922年の7月から9月に間に、ロンドンでは198人が亡くなり、15000人以上が怪我をしているが、このうち自動車事故によるものは死者133人、けが人7500と言われており、半数以上を占めた。
1938年には英国の自動車事故による死者は全部で6648人、20万人以上が負傷を負っていた。
1930年に道路交通法によって自動車のライセンス取得の義務化が法制化されたが、その4年後まではライセンス取得のための試験は強制されなかった。第3機関による保険も義務化され、事故で怪我をした歩行者やダメージを受けた財産に対して補償金が支払われるようになった。警察官も自動車のドライバーに対して厳しく取り締まりを行うようになり、自動車の速度をストップウォッチで計測して取り締まったりするようになった。

【道路標識】
新しい自動車時代に対応し、道路の安全性を確保するために道路標識が激増し始めた。英国の道路交通局は地方自治体にポールの先に写真の入りの赤い三角の警告を付けた標識をドライバーに危険性のあることを知らせるために使うよう推奨し始めた。1924年に道路に白い2本のラインが引かれ、1933年には交通信号が、1934年には夜の走行を助けるためのヘッドライトの光を反射させるキャッツアイが導入された。また、この年市街地での走行に対し時速42kmの速度制限が設けられた。
道路交通大臣のレスリー・ホー・ベリシャは1935年に自動車の往来が激しい道路のもっと安全に渡れるようにするために、白黒の破線模様を道路ににつけ、道路の両側にオレンジ色の球を付けたポールを建てた。これはベリシャビーコンとして知られている。
道路標識や行き先案内表示が急増したとはいえ、それでも田舎に行くとドライバーは一体自分がどこにいるのか判らなくなることもしばしばであった。1920年代になると、道路マップが書店で多く見られるようになり、ドライバーも自分たちのドライビングコースの詳細を自分たちで計画できるようになった。

Marquette 地方(ミシガン)にあるMarquette-Negaunee道路は 恋人街道とも呼ばれている。
オンタリオ最初の多重レーンの高速道路:ニューマーケットとオーロラ間の11号線の拡張区間 (1933)
1922年に米国ミシガンで初めて導入された交通信号
トヨタ博物館探訪
ベリシャビーコン