自動車の歴史 Part3-4
自動車の歴史トップ

自動車の歴史 Part1

自動車の発展期Part2
1885-1918:ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

イギリス
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証


自動車の歴史 Part3

1)戦争期が与えた影響
・技術

2)デザインの変化

イギリスの国産車
3)
モリス・コーレー
・オースチン・セブン

4)モーリス・ミノーの誕生
・新自動車生産手法

5)20-30年代の社会-1
自動車と安全性
・道路と安全性
・標識
6)20-30年代の社会-2
・町、
道路輸送 
・雇用  
産業

7)20-30年代の社会-3
・農業
娯楽
・犯罪

8)大恐慌
・自動車の発展の持続
・フォルクスワーゲンの誕生
9)第2次世界大戦



自動車の歴史 Part4

自動車の拡大期: 1918-1945
英国の大衆
【モーリス・ミノーの誕生】
1920年代を通じて米国で生産された車の約半数がフォードのモデルTであり、英国のマンチェスター工場でも大量のモデルTが生産された。しかし、次第にモデルTは人気を失いつつあった。洗練されていないデザイン、戦前の道路事情にあって、この車は乗り心地やスタイリングよりも信頼性と経済性を優先させていた。世界の売り上げもシボレーに遅れを取るようになった。1927年にフォードは渋々ではあるがモデルAに切り替えをおこなった。モデルAはよりスタイリッシュになり、乗り心地も改良されており、4色の選択が可能であった。また、この車は初めてブレーキと連動したストップランプを採用していた。
モーリスの対応は素早く、次の年にはモーリス・ミノーのサルーンを製造し始めた。この車は125ポンドの値段で、2ポンドのオプションでフロントガラスに安全ガラスが採用可能であった。2年間の内に値段も100ポンドにまで下がった。また、ミノーはブルックランドで時速160kmを達成したり、1ガロンのガソリンで100マイルの走行を果たすなどの色々な記録を打ち立てた。
自動車業界の発展は競争無くしてはあり得ないが、1933年にフォードもフォード・ポピュラーで応えた。マンチェスターで生産されたポピュラーは英国市場向けに英国で設計された初めてのフォード車となった。この車は1ガロン当たり40マイル走行し、フォードの人気を取り戻した。

1930年代のフォードモデルA
1933モーリス・ミノー
【新自動車生産手法】
当時、シャーシと車体の製造は別々の商業ベースの流れで生産されており、英国の町には車体製造メーカーが1つはあるといった状態であった。車体はシャーシにボルトで接合されるのが一般的であったが、この生産プロセスは極めて工程の長いものであった。こういった面では車の生産方法に関しては課題が残されており、大量生産の工夫には新しいものが求められていた。塗装に関しても実際は手作業で3週間を要していた。1920年代が過ぎると、車体はまだ選択の余地は残されていたが、かなり標準化されるようになった。
第1次世界大戦の初期に、米国のエドワード・ゴーエン・ブッドが自動車の新しい製造方法に道を切り開いた。彼は2000トンもの圧力で鉄板をプレスする巨大な機械を開発し、それまで別々に作っていた車体とシャーシを一体的に製造する道を切り開いた。彼のプレス機で、フェンダー、フロアー、ドアー、トランクルームなどの様々な形に成型された部品は溶接されて完全に一体化することが可能になった。こうしてできあがった車体は強度が高く、軽量で、初期の車のように走行中にガタガタいったり、きしみ音をたてるようなことはなかった。


1927年に、モーリスはブッドを招いてコーレーの彼の工場の隣に新たなプレス工場を建てた。この計画ははモーリスの組立ラインの第1段階ともなった。プレス・スチールと呼ばれたここで作られた車体は、この後50年間に及んで英国や海外の色々な自動車会社に供給されることになった。実際ドイツのアダム・オペル車は、ここの車体を商業的に採用した最初の会社であった。
エドワード・ブッド
トヨタ博物館探訪
オールスチール車体のドッジ車
(1915年)