自動車の歴史 Part3-1
自動車の歴史トップ

自動車の歴史 Part1

自動車の発展期Part2
1885-1918:ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

イギリス
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証


自動車の歴史 Part3

1)戦争期が与えた影響
・技術

2)デザインの変化

イギリスの国産車
3)
モリス・コーレー
・オースチン・セブン

4)モーリス・ミノーの誕生
・新自動車生産手法

5)20-30年代の社会-1
自動車と安全性
・道路と安全性
・標識
6)20-30年代の社会-2
・町、
道路輸送 
・雇用  
産業

7)20-30年代の社会-3
・農業
娯楽
・犯罪

8)大恐慌
・自動車の発展の持続
・フォルクスワーゲンの誕生
9)第2次世界大戦



自動車の歴史 Part4

自動車の拡大期: 1918-1945

【戦争が自動車に与えた影響】
第1次世界大戦を通じで、車は色々な形で戦争に強い影響を及ぼすと共に、同時に車自身も戦争によって大きな影響を受けた。戦争状態の過酷な条件で初めて明らかになった欠陥はすぐに矯正された。この結果、車の設計と技術レベルは20年代〜30年代の黄金期に飛躍的に改善された。
戦争は人々の間に自動車の魅力を広めた、1914年から1918年の間に車の使い方を覚えた人達は、仕事上ばかりでなく個人の楽しみのためにも自分自身の自動車を持ちたいと願うようになった。一方で、多くの中古の軍用車が手に入るようになったばかりでなく、自動車会社も戦争のために車の生産能力を大きくあげ、多くの人々の要求にいつでも答えられるように成長していった。

【技術】
戦後の自動車の最も大きな技術革新はより速いエンジンの開発にあったと言えよう。これには2つの理由があった。ひとるはエンジン製作に使われていた鋳鉄にかわって新しい合金やアルミニウムが利用可能になったことである。これらの材料の使用によってエンジンはずっと軽くなったばかりでなく、アルミニウムのピストンはそれまでの鋳鉄のものに比べて2倍も速く動作するようになった。2番目の理由は、シリンダーの横に配置されていた古いタイプのバルブが、カムシャフトによって動作するタイプのバルブに替わったことによる。カムが取り付けられたシャフトが回転すると、バルブの開閉がスムーズに起こり、ガソリンと空気の混合ガスを以前よりも素早くシリンダー内に送り込むことができるようになった。その結果としてより速い回転のエンジンができるようになった。

ショックアブソーバーと独立のサスペンションがより一般的となり、荒れ地でも各々の車輪が別々に動いて地面を捉えるようになり、ずっとスムースな走りを実現できるようになった。空気タイヤも一般的となり同じような効果を発揮した。タイヤの寿命も、厚いゴムの下に、厚いリブ付きの布地を合わせたコードファブリックの発明により、5千マイルも走れるほどに伸びた。
更にスパーチャージャーも発明された。これは空気とガソリンの混合気体をファンで強制的にシリンダー内に圧縮して送り込むことにより、それまでよりずっと速い加速を可能にした。
四輪全てに付けられたブレーキによって安全性は飛躍的に向上した。トランスミッションギヤーのシンクロナイザー(同期噛合機構)の発明によりギアーチェンジがずっと楽になり、早朝によく起こったトラブルの悪夢に見舞われることもなくなった。ベンツが最初に発明した磁気点火装置も4、5年ごとにコイルを巻き直さなければならなかったが、もっと長寿命の近代的なコイルに替わっていった。1918年以降になるとヘッドライトも対向車のドライバーのまぶしさを軽減するためにロービームに変更できるようになった。
1922年にダイムラーは世界で最初に車内にエンタテイメントを持ち込んだ。ラジオを座席の下に埋め込んで、空気伝達のヘッドフォーンで聞けるようにしたのである。これは時間をかけて開発されたのであるが、その頃のラジオ放送はプログラムも少なく、決して満足のいくものではなかった。

1ロールスロイス


第1次世界大戦中の救急車、フォードのモデルTをベースとして、木製の
1918年のこの救急車モデルは戦争が終わるまで、フランスにおける米軍の標準モデルとなった。


プジョーQuadrilette161
(1921)
1925年になると合成樹脂のペイントが自動車に初めて使われるようになった。この新しいペイントは古いタイプに比べてずっと洗ったり磨いたりすることが容易であった。塗り方もハケ塗りから、スプレー塗りへと変化していった。
現在では常識と考えられているバンパーも1930年代後半までは一般的なアクセサリーと言えなかったが、次第に標準装備されるようになった。最初の頃のバンパーはニッケル板でできていたが、そのうち光沢を維持し磨くのが楽なクロームが使われるようになった。
同じ1930年代後半には、ブレーキやワイパー、方向指示器などの色々な面で更なる技術的な躍進がみられるようになった。ブレーキは機械的に作動するタイプから油圧で作動するもに替わってきた。こうした、新しい装備はあっというまに一般的な装備になっていった。
トヨタ博物館探訪