自動車の歴史 Part2-3
自動車の歴史 Part1
1)自動車の起源
ニコラス・キューニョー
蒸気自動車
2)自動車輸送の問題
レッドフラグ法
3)自転車
内燃機関エンジン
4)マルコス
エンジンの進化
5)空気タイヤ
燃料

発展期 Part2
1885-1918
ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

英国
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証



自動車の歴史 Part3
自動車の歴史 Part4

自動車の歴史トップ
【カール・ベンツ:最初の実用的な自動車2】
ベンツの車ではエンジンの動力パーツは損傷を防ぐために滑りやすくしておく必要があり、エンジンの下のクランクケースの大きなチャンバーにオイルが入れられるようにしてあった。エンジンが回り始めると、連結してあったロッドがオイルのなかに浸かるようになっていた。一方、エンジンのオーバーヒートを防止するために、ラジエターの中に水を貯めておきファンで空気を送り込んでエンジンを冷やすようにしていた。その後、エンジンの周りにパイプを回し、冷却水を循環させて冷やすようにしている。
エンジンの力を車輪に伝えるトランスミッションも、ベンツ等の初期の車の開発を手がけた開発者達にとって最も難しい課題のひとつであった。当時の工場などにおいて動力の伝達は革ベルトでされているのが一般的であったため、ベンツの車でもドライブシートの真下のシャフトに皮ベルトで動力を伝えていた。このシャフトの両端から更にチェーンで後輪に繋がっていた。
ベンツの車のブレーキはソリッドのゴムタイヤに圧力をかけるスプーン形状をした金属製ものでだった。乗車性を高め、車のある生活を維持するためにベンツがこだわったサスペンションは金属製バネで実現された。
その後、ベンツはひとつ、またひとつと車を開発し、多くの自動車を生産している。これらの車はセールスのために広告され、商業的に成功したはじめての車となった。実際にはダイムラーが1886年にダイムラーが最初に4輪のガソリン車を開発しているのであるが、ベンツが自動車の本当の父と考えられているのは、この忍耐と一般へのマーケッティングによるところが大きい。
ベンツの車の注文はゆっくりと増加し、1888年までに50人の作業員を抱えるまでになった。1890年には、彼らは変速ギアーを持った最初の車となる4輪のビクトリアを生産した。

仕 様・基本データ
【エンジン】
 水冷1気筒4サイクルエンジン
 大型水平リアフライホィール付
 ボア x ストローク: 90 x 150 mm
 排気量: 954 cc (984cc)
 圧縮比: 1:2.7
 出力: 0.75 at 400 rpm
 最高速度: 16 km/h
 燃費: 推定. 10L/100 km (24 mpg)
車輪
 型式: ワイヤーストローク.
 前輪直径: 730 mm
 後輪直径: 1125 mm
 前後輪ともソリッドゴムタイヤ.
寸法、重量:
 ホィールベース: 1450 mm
 軌道幅: 1190 mm
 車長: 2700 mm
 車幅: 1400 mm
 高さ: 1450 mm
 車重: 265 kg
丘を登るとき、エンジンは車輪速度を維持するために大きな出力が必要であったが、当時の車の多くは出力が足りず丘を登ることができなかった。このため、多くが途中で行止まって後戻りしてしまうケースが多かったのである。車輪の速度が変化するとギアーはエンジンの負荷を減らし、車速を維持できるようにした。ビクトリアで丘を登るときには、ドライバーはレバーで革ベルトを大きなプーリーから小さなプーリーに入れ替えるのである。
1894年のベンツのベロ(Vello)では、ギアーは前方3段後方1段の機構を持つもっと洗練されたものになった。
ベンツ:ビクトリア(1889) ベンツ:ベロ(1894)
トヨタ博物館探訪
ベンツの車はドイツや他の国の他の会社にライセンス提供され、その多くの車がそうした会社で製造された。19世紀の末までにはベンツは年産600台の車を出荷するまでになっていた。しかし、他の自動車製造メーカーが次第に洗練され、力強く成長して行く中、その時点まで彼らは大きな変化をすることなく、簡潔で信頼性が高く、安い車を製造していた。
そのため、ベンツが亡くなる5年前の1924年になると売り上げは減少し始め、ベンツの会社はダイムラーの会社と合併することになったのである。