自動車の歴史 Part2-2
自動車の歴史 Part1
1)自動車の起源
ニコラス・キューニョー
蒸気自動車
2)自動車輸送の問題
レッドフラグ法
3)自転車
内燃機関エンジン
4)マルコス
エンジンの進化
5)空気タイヤ
燃料

発展期 Part2
1885-1918
ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

英国
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)運転免許と登録証



自動車の歴史 Part3
自動車の歴史 Part4

自動車の歴史トップ

【カールベンツ:最初の実用的な自動車1】
マンヘイムから60マイル離れたところで、カール・ベンツもまた石油エンジンと自動車の実験を行っていた。ダイムラーのモーターバイクが発表されてから数ヶ月後に1885年にベンツは新たなエンジンを開発し、それを取り付けた3輪の車を発表した(下の写真参照)。1886年1月にベンツはガス燃料エンジンで特許(DRP No. 37435) を取得している。
ベンツは自動車は単にエンジンだけでは成り立たないことを熟知していた。何千もの部品が必要であったし、エンジンはいつもスタートアップとストップを繰り返すことのできるものではならなかった。また、燃料の石油はいつも供給できなければならないし、オーバーヒートも防がなければならなかった。
そのためには、たとえ車輪の速度が道路の勾配によって変化することが問題となるような場合にあっても、着実に仕事を進めるしかなかった。車を止めるためのブレーキも必要であった。
ベンツが彼の最初の車に装備した部品のなかで最も優れたものは、エンジンをスタートさせる役割を果たす磁気点火装置であった。その機械の内部は電気子になっていて鉄のロッドに絶縁されたワイヤーが巻き付けてあった。自動車のスタートハンドルかクランクを回すと電機子が心棒を中心に回り始めた(ハンドルが巻き戻されると、運転手の腕を骨折させたりするので大変危険な作業ではあった)。これが4つのターミナルを通して流れる電流を生み出すようになっていた。それぞれのワイヤー端子はエンジンシリンダーの上部にねじ込まれたスパークリングプラグと呼ばれる小さなデバイスに繋がっていた。「電気コイルイグニッション」と呼ばれるこの方法は、ダイムラーの方法とは全く異なったものとなっていた。
スムースな道路上では、電流はスムースに流れたが、でこぼこ道では電流が短い時間とぎれてしまい、しばしばエンジンがうまく動くように調整したり、スタートし直さなければならなかった。ベンツは後になってバッテリーから電流を取るように変更している。
ベンツが最初の車に搭載したもうひとつの極めて重要な部品は、空気と石油ガスをシリンダー内で圧縮する前に小さな部屋で混合するキャブレターであった。

ベンツによる世界最初の自動車
Munichhの博物館の復元モデル

最近販売されたレプリカモデル
1893年になると、ウィリヘルム・マイバッハはもっとも成功をおさめたキャブレター、フロートフィードモデルを開発した。これは金属製の浮きが空気と混合する燃料の供給量を調整する機構をもっていた。
トヨタ博物館探訪