自動車の歴史 Part1-5
自動車の歴史 Part1
1)自動車の起源
ニコラス・キューニョー
蒸気自動車
2)自動車輸送の問題
レッドフラグ法
3)自転車
内燃機関エンジン
4)マルコス
エンジンの進化
5)空気タイヤ
燃料

発展期 Part2
1885-1918
ヨーロッパ大陸
1)ダイムラー:
最初のモーターバイク
ダイムラーとベンツ

2)ベンツ:最初の車1
3)ベンツ:最初の車2
4)マイバッハとメルセデス
5)フランスの自動車
6)電気自動車
アメリカ合衆国
7)歓迎される自動車
アメリカの開拓者達
8)ヘンリー・フォード
Tモデルと大量生産

英国
9)自動車時代への参加
パイオニア
Vauxhall
10)英国社会と自動車
11)ロールス・ロイス
オースチン
ウィリアム・モリス

12)登録とライセンス


自動車の歴史 Part3
自動車の歴史 Part4

自動車の歴史トップ
【空気タイヤ】
当時の一般的な馬車や自転車の木製の車輪は鉄製のリムを使っていた。18世紀の初めにはゴムが南アフリカで発見されていたが、もっとも高価なモデルだけにソリッドのゴムタイヤが使われた。1845年に、ロバート・トンプソンという一人の英国人が空気の入った中空のゴムタイヤ(空気タイヤ:pneumatictyre)を設計したが、その本当の開発は,ベルファーストの獣医であるジョン・ダンロップにまで持ち越された。自分の自転車でのガタガタする乗り心地に辟易していたダンロップは1888年に空気タイヤを設計し、これが現在のスムースな輸送手段に向けての第1歩となった。
最初、この新しいタイヤは多くの問題をおこした。それは簡単にパンクしたし、古い鉄製のリムが道路のゆるんだ石を押さえると、このタイヤは石を押しのけようとして、ほこりをいっぱいに舞い上がらせた。にもかかわらず、空気タイヤは早い移動を可能にしたし、後年時速40km以上の速度に対してはなくてはならないものであることが明らかになった。このタイヤは道路をよくグリップしたし、ソリッドのゴムタイヤに比べ横滑りを起こさない傾向があった。ダンロップのタイヤは、後年英国の自動車産業界で重要な役割を演じることになるHarvey du Cros によって売られた。
空気タイヤは自動車の発展にとって英国のメインの貢献といえるけれどど、初めて自動車に空気タイヤが使われたのはフランスにおいてであった。ミシュラン兄弟、エドアードとアンドレによって作られたタイヤが1895年にルノーの自動車に装着された。この自動車では、タイヤが痛んだ時には、リムから外して取り替えることができた。
【燃料】
初期の内燃機関エンジンは石炭ガスの供給システムに依存していたが、この供給システムは据え付け動力用の機械のために当時広く普及していた。自動車のエンジンは少し違った燃料が必要であった。少量であれば空きスペースに積んで運ぶことができたが、遠距離の旅行に必要な量はまだ供給できなかった。
多くの場所で地表に自然に浸み出る原油や石油の存在には、1857年以前の段階でも既に多くの人に知られていたが、フェリスというアメリカの科学者が原油を精製してパラフィンやケロシンを作り出すまでは、原油はランプ用に使われる鯨油の代わりとして使われていた。1859年、
ルノアールが内燃機関エンジンを発明したまさにその年に、アメリカのペンシルベニア州ではじめて大量の原油が発見された。フェリスの原油の精製過程で出るベンゾレンと名付けられた副産物は当初無用のものと思われていたが、これが初期の自動車のパイオニア達に必要な燃料、すなわち石油を供給に繋がった。
石油(ガソリン)エンジンの開発はアメリカ、イタリー、フランス、ドイツで先んじて進められ、次第に石炭ガスエンジンに取って代わっていった。その最も成功した例はニコラス・オトーの使用人であったゴットリーブ・ダイムラーによってなされたものであった。
1859年 最初の油井
ドレーク油井(ペンシルベニア)
トヨタ博物館探訪